自動売買と税金と娘が好きなブログ

副収入ほしいけど税金高いよね。

【わかりやすく】サラリーマンに確定申告って必要?

f:id:nukubonu:20211206230211p:plain

サラリーマンが確定申告をする場合って少ないかもしれません。

ただ、投資をしていると避けては通れない確定申告。

簡単に説明しますね。

サラリーマンなら確定申告って意識しなくても良いよね?

確かに。
ただ、投資をやっていると確定申告をしなければいけない場合や、確定申告をしたほうがいい場合があるよ。簡単に説明するね。

前提

1か所から給料をもらう、年収2,000万円以下の、サラリーマンの所得税を前提とします。

2か所から給料をもらう、年収2,000万円を超えるサラリーマンって、レアケースすぎるでしょ!

と思うので、この前提で説明しますね。

 

確定申告とは

1年間の所得税を自分で計算して、国に支払うことです。

ぬくぼぬは、昔「なんで税金払ってやるのに、自分で計算する必要があるんだ?」

「国とかでうまいこと計算して天引きとかしてくれよ。」って思っていました。

 

その制度が、会社の源泉徴収や年末調整、証券会社の源泉徴収ありの特定口座です。

源泉徴収や年末調整だけでは、対応できない所得税の計算があると、

自分で所得税の計算が必要になるイメージです。

 

つまり、確定申告が必要、確定申告をする、ということは

基本的に自分で所得税額の計算をする必要があります。

 

なぜ自分で確定申告しなければならないのか

「基本的に自分で」と書いたのは、税金の計算は税理士以外の他人にやってもらうと

税理士以外の他人は税理士法違反で逮捕されます。

ニュースを見ていると、たまーに逮捕されてる人がいます。

 

初めて確定申告するから右も左もわからない!誰かにやってほしい!

という人は、おそらく100万円も200万円も利益は出ていない人が多いかと思います。

初めて20万とか30万円の利益がでて、確定申告が必要!となっているかと思います。

 

例えば30万円の利益で、所得税が約20%(6万円)、税理士に申告書作成を頼んで5万円程度かかったとします。

 

その時点で、手取りは30万円ー6万円ー5万円=19万円です。

少し頑張れば自分でできることに、数万円もお支払いしたくないな・・・

というのがぬくぼぬの考えです。

 

確定申告が必要な人

給料以外で20万円以上もうけた人

投資他、給料以外で20万円以上もうかったら、必要です。

ただし、「源泉徴収ありの特定口座」で利益がでた人を除きます。

給料以外で20万円以上の利益がでた場合は、確定申告をしてください。

これは逃げることはできません。

「忘れてたー」=脱税=犯罪になりますのでご注意ください。

 

源泉徴収ありの特定口座」で利益がでた人をのぞく

確定申告の手間から逃げる方法が、源泉徴収ありの特定口座です。

源泉徴収ありの特定口座では、所得税額の計算、支払い、すべて証券会社がやってくれます。

 

ただ、注意しなければならない点は、特定口座は株や投資信託では

開設できますが、FXや不動産にはそういった口座がないことです。

FXや不動産で利益がでた方は、自分で確定申告を頑張りましょう。

 

確定申告が必要ない人

1か所から給料をもらうサラリーマン

会社が毎月所得税を給与から天引きして、年末調整で金額を調整してくれます。

国への支払いもすべて会社がやってくれますので、個人で確定申告の必要はありません。

 

ただ、1か所からもらう給料の年収が、2,000万円を超えると年末調整の対象外となります。

年末調整ができないということは、所得税の金額調整が会社でできないため

個人で確定申告が必要になります。

 

年収2,000万円を超えるサラリーマンって、全サラリーマンの上位0.4%らしいです。

遠い世界の話ですね・・・・

 

給料以外のもうけが20万円未満の人

所得税の確定申告は必要ありません。

国税庁ホームページにも「所得金額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。」と

明記してあります。

 

確定申告をしたほうがいい人

年末調整を忘れていた人、年末調整をしなかった人

若いころのぬくぼぬは、年末調整をしていませんでした。

理由は「めんどくさかったから」・・・・

 

保険会社からの書類まとめて、金額書いて提出、って面倒ですよね!

会社から案内が来ても無視していました。無知とは怖いです。

 

年末調整をしないとどうなるかというと、本来もらえる税金の戻し(還付)がもらえません。

 

ただ、確定申告をすれば過去5年分の税金の戻しは受けられるので、

年末調整ができなかったとしても、確定申告は忘れずにやりましょう!

 

ちなみにぬくぼぬは過去5年分、確定申告できることは気づいていましたが

めんどくさくてやりませんでした。

 

 

投資損益がマイナスだった人

投資で損をした人は確定申告をしたほうがいいです。

なぜなら、翌年、利益がでたときに「繰越控除」といって翌年の利益から、前年の損失をマイナスできるかもしれないからです。

 

単純な例ですと、今年の損失が-20万円、翌年の利益が30万円だったとします。

本来であれば30万円×20%=6万円の税金がかかりますが、損を出した年に確定申告をしておくと

(30万円-20万円)×20%=2万円の税金で済みます。

 

このときに大切なのは、翌年の利益が10万円(20万円未満)だったとしても

確定申告をしておくことです。

翌年の利益が10万円だったら、翌年に確定申告をしてもしなくても、税金はゼロです。

(20万円未満=申告不要、(10万円-20万円)=-10万円=申告不要)

ただ、翌々年に利益がでたときに、結局翌年分も確定申告(期限後申告)が必要になります。

 

通常の確定申告よりよっぽど面倒だと思いますので、毎年確定申告はしたほうがいいですね。

結論

サラリーマンでも確定申告は必要!

投資利益が20万円以上になった人は、確定申告をしないといけません。

年末調整を忘れた人、損失が出た人も確定申告をしたほうがいいです。

 

その他、医療費控除があった人とか、ふるさと納税をしている人、住宅ローン控除がある人などなど。

また機会があれば記事にしたいと思います。

 

右も左もわからない人は税務署へ!

あとおススメしたいのが、とりあえず分からなかったら税務署へ行ってください。

確定申告期間は「税金のことなんてわからん!」という人だらけになります。

 

そのため、各地税務署には確定申告をサポートしながら一緒に確定申告をやってくれる場があります。

とりあえず、電話して資料準備して、行ってみたら確定申告できちゃいます。

ぬくぼぬも一番最初は税務署を頼りました。

 

確定申告が全く分かりません、確定申告について教えてほしい、という人は

とりあえず税務署へ行くことをおススメします。

 

追記

最後に、税金のことを今後も書いていきたいのですが、ぬくぼぬ個人の考えを書いているだけですのでご注意ください。

必ず、ご自身の税金について分からないことがあれば、税務署や税理士へ相談してください。

 

税理士法上、税務署類の作成や税務相談は、税理士以外ではできません。

税務署類の作成や税務相談をしてしまうと、逮捕されます。

 

あくまで、個人の一意見としてご覧ください。